法人の方へ

活動報告(全労済Rainbow委員会ボランティア)

日時
2009年3月7日
場所
トトロの森9号地周辺
参加者
約30名

私たち全労済Rainbow委員会は、過ごしやすい職場環境について話し合い、明るい社会づくりとは何かを考え、若手の職員ならではの視点で 身近な問題の解決に向けて取り組んでいます。
具体的には、職場に関する疑問・課題についての討議を行なっています。また、メインイベントであるRainbow交流集会では、 地域のボランティア活動に参加しています。

新聞でトトロのふるさと財団が設立10周年を迎えシンポジウムを 行なったという記事を目にしたことがきっかけで、 『となりのトトロ』の舞台といわれる場所が狭山丘陵であること、財団がその狭山丘陵の緑地の保全に取り組んでいることを知りました。そこで今回の交流集会では、財団の活動のお手伝いをさせていただくことにしました。

3月7日、それまで雨が続き心配な空模様でしたが、この日は暖かい小春日和となりました。西武球場前駅からトトロの森1号地・3号地を通って、作業エリアである狭山湖周囲道路に向かい、その中で自然環境が 失われようとしている現実と保全の難しさについて、 財団の方からお話をうかがうことができました。

実際に作業してみると、不燃ごみの多さに驚かされました。また、少し前に大々的におおそうじが行なわれたとのことでしたが、 それでもタバコの吸殻が数多くありました。そして、見えているにもかかわらず、フェンスの向こう側にあるために 拾うことができないゴミもたくさんありました。

ゴミ拾いは日常の生活だけではあまり感じることのない物事を、身近なものとして捉えることができた大変有意義な時間となりました。 自然保護はお金と時間と根気のいる取り組みですが、一人ひとりが環境を意識し、まずはゴミを捨てない、そして拾うという双方を行動に移すことが、自然を守る第一歩につながるのだと勇気づけられたように感じています。(全労済東京都本部 舛田尚代さん)

  • ボランティア受け入れに戻る
  • 活動実績一覧に戻る